美容業界を変える! 『科学的経営法』を取り入れて堅実な店舗拡大。中小企業家同友会東葛支部8月例会

芽生え始めた独立志向

8/21に中小企業家同友会東葛支部8月例会にて、市川浦安支部・支部長の(株)プランセス 代表取締役 宇和川社長に報告をいただきました。


18歳で単身上京し美容師を目指した同氏。最初は将来独立しようだなんて想像もしていなかったようです。
5年目で店長を任され、多店舗化を行っていた美容室においても徐々に存在感を高めていきます。
そんな中で自身が思う事が、社員という枠では実現できない壁にぶつかります。

そして上京より13年目、奥様ともう1名の3人での(有)プランセスの創業を決断します!

順調に業績を伸ばし始めた矢先の落とし穴

当時の宇和川氏は『俺が出来るんだから、社員だって同じことができるはず。すべてはお客様のためだ』
『お客様のため』 事業を行っている方なら当たり前のこと。しかし、その裏返しは・・・

結果は開業より2年を過ぎようとしたとき、7名へと増加していた社員が一斉に退職しました。

労働環境の整備

この失敗を活かして、同氏は社内体制、労働環境の整備に着手します。
厳しい経営環境の中でも、給与を業界の一般的な相場より2割アップし、業界では異例の休日の日数をほぼ週休二日体制へと社員さんの働き甲斐のある労働環境を構築します。

独自の教育システムを構築したり、人員配置方法を考案したりと、全社一体型の経営で店舗も10店舗、社員数50名ほどへと増加しました。

次のステップへの悩み、そして同友会との出会い

組織が大きくなればなるほど、全体の共通の意識共有が難しくなってきます。
そんな悩みを抱えていた時に同友会に出会い、衝撃を受けます。
いちうらの『科学的経営法』
数字を共通言語とし、数字で語る社内体制の構築。
『科学的経営法』については書ききれないので、ご興味のある方は中小企業家同友会市川浦安支部の例会へ参加してみてください。

強い会社とは?

講演後は『強い会社とは?』のテーマで、約1時間の白熱したグループ討論が行われました。
 

その後のグループ発表でも各グループ様々な「強い会社」を発表され、大変有意義な学びの時間を過ごすことが出来ました。
 
 

次回の例会は9月25日(月)の開催です。
講演は(株)Circle 代表取締役 蔭山光華氏
『有料?無料? サービスのボーダーラインを探る ~若手IT起業家に立ちはだかる壁~』(仮)です。

日本人の美徳『おもてなし』の心。果たしてサービスとは何か?
どの規模の会社でも、どの業種でも同じ悩みを抱いた経営者さんは多くいるのではないでしょうか?

是非、今からスケジュールを空けて奮ってご参加ください。